カテゴリー: 新築注文住宅

夢を叶える注文住宅

刈谷で注文住宅の家を建てるって事になったのは、他の人から少し早い気がしますが結婚という時でした。

元々、主人の父が土地を持っており「将来はそこに家を建てろ」と言われていたようで、そのために主人は独身時代に貯金をしていました。

主人の貯金を頭金にして、後は住宅ローンで家を建てようという話が結婚話と同時進行のような感じで起きていました。

結婚していきなり、ローンはと思い私は反対でしたが、結婚生活は新居からというのが主人の夢だったようで、押し切られる形になりました。

家は、注文住宅にする事になり、休日のデートはもっぱらいろいろな住宅メーカーの展示場を見て、

その展示場の気に入った部分を自分達の家の設計をする人にこんな部屋にして欲しいとか要望を伝えました。とくに主人は憧れの家のイメージが出来上がっており、家の1階は仕切りのないオープンな部屋にこだわりました。

結果、リビングと和室の間に仕切りがなく実際より広く見えます。

しかし、実際に住み始めると、仕切りが無いというのはお客さんが来た時に全部見られてしまうという事が分かり、後にアコーディオンカーテンを設置しました。

しかし、自分の希望を叶える事が出来る注文住宅は、建売とは違い夢を叶える事が出来るのは実感しました。

カテゴリー: 注文住宅

家族構成に合わせてマイホームを設計

高浜に注文住宅でマイホームを建てたので、自分の家族にぴったり合っているところが自分の家の気に入っているところですね。子供二人の家族4人で収納多めで、パントリー充実でーと、自分たち家族のライフスタイルに沿って間取りを考えることができましたので、とくに不満はないですね。

これが建売住宅を購入して住んでいる場合ですと、「子供が一人増えたぞー!どうするー部屋がないー」といった事態も引き起こしていたと思いますから。しかしすでに家族構成ができあがってから間取りを決めて設計していますので、そういった事態がないわけです。

また、それぞれの特性も考慮して部屋を考えることができた点も、注文住宅で建ててよかった点ですね。けれども建売住宅のことを決して悪いとは思っていませんから。立地だけを言えば、建売住宅の物件をものすごく検討しましたから。

しかし、どうしても部屋が一部屋足りなくて、それでマイホームを先延ばしにしたのです。けれども満足なマイホームが建てられましたので、結果オーライだと思っています。

カテゴリー: 注文住宅

もう一部屋作っていればよかったです

もともと建売住宅が抽選で当たったので、そこに住むことにしました。家は角地にあって、抽選にもれた人が、100万円渡すから権利を譲ってほしいというくらいの場所でした。

その建売住宅の家が古くなったので、建て替えることにしました。注文住宅を建てる時には住宅のモデルハウスを見に行くことから始めました。いろいろな住宅会社があって、結果として三井ホームに頼むことにしました。建売住宅の時の土地を広げていたので、土地が広くなった分、大きな家を建てることができました。でも、もう一部屋多く作っていればよかったと思います。部屋は1階がリビングとダイニングと和室が一つ、2階には洋室が三部屋あります。2階にもう一部屋多く作っていれば、もっと快適だっただろうなと思います。1階のリビングとダイニングは広くて、玄関も広いのです。その分、2階にスペースがあるわけですから、もう一部屋多く作っていれば、もっとゆとりがある家になったと思います。