家族みんなの希望をかなえた注文住宅が完成しました。

30代も半ばになった頃、私たち夫婦はマイホームを新築することを考え始めました。いくつかのハウスメーカのモデルハウスを見学した結果、全体から高級感が感じられた某メーカーさんに注文住宅の建設をお願いすることにしました。
私(妻)は料理が趣味で、キッチンにいる時間が長くなるであろうと考えたことから、キッチンで作業をしている時に、子ども達の様子がよく見えるような間取りになるよう、建築士さんにお願いをしました。それから子ども達が必ずリビングに入ってから、2階の自室に移動するよう、2階部分へと続く階段はリビングの内部に作ってもらうよう希望しました。夫の方はというと、テレビ鑑賞が大好きなので、リビング脇の和室からもテレビが見られるようにとお願いしていました。それから、2階には持ち帰った仕事を行うための書斎を作って欲しい、というのも夫の希望でした。子ども達にはそれぞれ、自室の壁紙を選ばせました。上の子は無難に薄いクリーム色(無地)を選んだのですが、下の子は花柄を選びました。長い目で見たときに困るだろうとは思ったのですが、その時点でのその子の希望ということで受け入れることにしました。

私たちの要望すべてをかなえてくれた住宅が完成し、家族みんなが満足しています。1階のリビングダイニングスペースで家族みんながそれぞれ違うことをしていても、それぞれの存在が感じられています。夫も子ども達も一階のスペースが気に入っているようで、2階の子ども部屋や夫の書斎ではなく、1階で過ごすことがほとんどです。2階はほぼ寝るときだけに使っているような感じです。新築したマイホームは家族みんなの憩いの空間になり、週末は外出する機会が減り、家でのんびりと過ごすことが多いです。広めにとったダイニングスペースでたこ焼きをしたり、食後はトランプやUNOなどのカードゲームをすることが多いです。子ども達と一緒にキッチンでお菓子作りをしたり、(狭いですが)一緒に庭の草取りをするのだって楽しいです。
自慢のマイホームが完成したので、友人や知人を自宅に招くことも多くなりました。「おしゃれな家だね」と褒められることもあって嬉しいです。

PR|生命保険の口コミ.COM|健康に役立つ口コミ情報|工務店向け集客ノウハウ|エステサロンを上手に利用する情報サイト|ダイエットチャレンジ100日|お家の見直ししま専科|SEOアクセスアップ相互リンク集|AGAでお悩み解決|クレジットカードの即日発行じゃけん|会社経営に必要な知恵袋|注文住宅のための用語集|女性のための薄毛治療研究会|美容と健康女性ランキング|