カテゴリー: 木の家

無添加の木の家・無垢の家で安心生活

無添加のマイホームは安心できると思い、住宅メーカーの方へ相談しました。アレルギー体質なので、新築物件を見学していた時、使っているワックスの臭いがキツク感じ、アレルギー反応が出て咳がでるなど、色々と体の異変を感じるようになったので、新築物件の見学会はあまり参加せず、アレルギー対策されたマイホームについて相談するようにしまいsた。ワックスは化学物質が含まれた塗料を使っていることが多く、無添加の木の家・無垢の家は使用しているワックスは天然素材を活用しているので、米油から取れた成分でワックスを作っているなど、自然素材を活用した家造りをしてるので安心できると実感しました。じっくりと住宅メーカーの方と相談したことで、我が家に最適なプランを提案して下さり、安心感あるマイホームを建てることができました。無添加木の家・無垢の家に住むようになり、アレルギー反応がでることもなく、落ち着いた生活を過ごしています。
カテゴリー: 木の家

木の家で家族と暮らすメリット

家族で生活をするときは落ち着ける環境を作りたいもので、話し合うと無垢素材に対して興味を持っていました。無垢素材は木造のため燃えやすくなるなどの不安が頭によぎりましたが、実際には火に強くて驚いたものです。木の家は素材が持つ良さをそのまま実感できることが特徴で、逆に鉄骨にすると冬場は冷たくなることや結露が発生しやすくなります。このため、木の家を選ぶことを決めましたが、無垢素材を使えば費用が割高になるため迷ったものです。

結局は無垢材を使う家にしましたが、以前と比べるとリラックスして暮らせるようになって良かったです。家は家族で安心して暮らせる環境を作らないと意味がないもので、無垢材や木などを使えばおしゃれになって年数が経てば独特なにおいが出て落ち着けます。木の家は火事や地震にも強くて家族で安心して住みやすい環境を作れることが分かり、鉄骨だと閉め切られたような雰囲気のため明るい雰囲気を作れて良かったです。
カテゴリー: 木の家

子育て環境に適した木造住宅

木造や無垢材を使った木の家は、季節問わず過ごしやすい特徴と魅力があります。日本では、木造住宅が多く、私のマイホームも木造住宅で建てました。木造住宅にこだわりがあったのは、子育てしている事もあり、木の自然な雰囲気の中で暮らしていけるようにしたいという考えがあったためです。木の触った感じは温もりがあり、暖かい雰囲気になる点が魅力で木造にこだわりを持ってマイホームを建てました。子供が遊んだり勉強したりする場合にも安心で、転んでも衝撃を吸収してくれる点も魅力です。梅雨時期になると湿気が多くなり、高温多湿の環境になりやすいですが、木の家の場合は木が湿気を吸収してくれるため、湿気が抑えられる効果もあります。乾燥する季節は逆に、木から水分が放出されるなど湿気を上手くコントロールしてくれる役割を果たしてくれるため、1年間快適に過ごせるメリットがあります。安心して子育てが出来る空間にする事が可能な木造住宅はとても魅力的です。
カテゴリー: 未分類

我が家のマイホームはLDKは二階にあります

実は数年前になりますが、永らく待ち望んでいたマイホームを手に入れることが出来たのです。 お陰で今は家族みんなで快適に過ごしているところであります。

其の我家の住宅というのは東京の主要駅から首都圏の私鉄沿線で駅からも徒歩でも行けるところに在ります。 

従って、筆者自身の通勤先の利便性や家族の環境や生活においてもそれなりに便利なところにありますが、 住宅そのものは和風の普通の住宅であり日本の住宅としては特段変わりはありません。 ただ、自然や環境的にはあまり良いとはいえず、特に、周辺は家が密集していて陽当りがチョット良くないところなのです。

実は家を建てたのは所謂、注文住宅になり建ててからは既に数年近くになりますが、建築する時には一応は建築設計士さん等にお願いしました。 其処で一番の主眼だったのは陽当たりがあまり良くない処ということでした。 

そこで、専門の設計士さんによる発想は、思いきってLDK、其れに子供たちの部屋を二階の部分に設置してみるということでした。 此れはいくら個人の意志が通じる注文住宅といっても、さすがに我々みたいな素人には思いもつかないことでした。 完成した時に先ず感じたのは、実は非常に快適に過ごすことがでいているという事で、やはり、住宅の設計士というのは専門家だけに、一般住宅に関しても着眼点が違い大いに納得したものでした。

カテゴリー: 未分類

家を買おうと決心したタイミング

私が注文住宅を建てようと決心したタイミングですが、その時は結婚をして、1年経ったときのことでした。当時は賃貸のアパートに住んでいたのですが、そのアパートは老朽化していました。そして、有るときその周囲で家事があったのです。
おまけにその周辺の地域は、よく車の車上荒らしの被害が多発していて、私の車も車上荒らしに遭ってしまいました。その賃貸のアパートは、治安が悪くて、「すぐにでも引っ越しをしたい」という気持ちになったのです。
家を購入するにはお金がかかりますが、やっぱりこんな周りで家事があったり、車上荒らしがあったり…というところからすぐに引っ越して、子育てに最適な街で暮らしたいと思いました。そして、ネットを見ていると、ニュータウンで、土地が販売されているのを見つけました。
ちょうどそのニュータウンに住んでいる友達もいて、快適に住めるという話しを聞いていたので、とても良いなと思いました。それで家を買うことに決めました。

カテゴリー: 未分類

憧れの新築住宅での暮らし。

いつかは一軒屋と思って生活をしてきましたが、実際に広島市に新築で建売住宅を購入した時に後から感じた事がいつくかありました。

まず、第一に金額設定をして家を探すのは普通のことだと思いますが、あまりに金額に拘りすぎて、本当にその場所が一緒の終の棲家になるかという事が後々になって考えさせらる事となりなりました。家を建てる場所や新築住宅を探すにあたり、金額にばかりとらわれ過ぎた結果、本当に住みたい場所や理想とする場所への妥協が出てきます。ならば、一旦、家探しを中断して仕切り直しを必要としたり、または値段設定に幅を持たせることを検討した方が良かったという事は後々の後悔となる可能性があるので充分注意が必要と感じます。

また家を建てる当りあまりにコストダウンの事ばかり考えると、結果的に後には必要となり、予想以上に後からお金が出る事もあるので、最初からコストダウンの事ばかりは考えない方が快適で、逆の後から出るお金が少なくなると感じました。
予算の問題はそれぞれの家庭ごとに違いますが、少し余裕を持つ事が必要だと感じました。

カテゴリー: マイホーム

木をふんだんに使って安らぐ

私の本庄市に建てた念願の注文住宅は、木をたくさん使って作っています。は、木をたくさん使って作っています。外観は洋風な感じですが、中に入ると和風なところを感じることができます。その和風として感じれるのは、なんといってもその木が多く用いられていることが関係しているのです。
まずフローリングが木なので、その点で木のぬくもりを感じます。そして和室については、ふんだんに柱などを木で作ることにより、日本住宅の良いところを思うことができます。そのことから、外観と違うねとよく言われることがありました。それは、とても嬉しいことなのです。
私の母親が来た時も、木の家なのでとても気分がいいようです。昔の人は、木が大好きですね。そのことから、私の家でくつろぐことも多くなっています。そしてとてもいいと思うのは、その木の香りがするということです。作ったばかりのときには、その香りに癒されました。長年住んでいると、その香りが抜けていますが、それでもほんのり香ることがあり、とても気にいっています。

カテゴリー: 未分類

家づくりで子供のために気を付けたリビング階段

広島市でマイホームを建てる時、私は、家づくりで子供のために間取りについて気を付けました。まずはリビング階段の存在です。
子供がいるのですが、帰ってきて、すぐに部屋に駆け込んでしまうということを防ぐために、リビング階段を作りました。
たとえば、階段がそのまま玄関と繋がっていると、親に見つからないようにして、誰かを連れ込むことをするかもしれません。
そういったことを防ぐために、リビング階段にしました。そうすることで、親と常に会話が出来る家庭にしたいなと思ったのです。
また、子供はリビングで勉強をした方がはかどりやすいということも聞きましたし、自室で勉強するよりもリビングがおすすめという記事もみましたので、リビングでなるべく勉強が出来るように広めの家にしました。そうすることで、リビングで勉強や宿題を見てやることができると思ったのです。
このような間取りは大人だけだと多分しなかったと思いますし、子供が実際に今いますが、このようにして良かったなと感じています。

カテゴリー: 未分類

優先順位を考え土地選びには時妥協も必要!

広島市に新築一戸建て住宅を建てたいという気持ちはあったものの土地選びで苦戦して、結局マイホーム完成までは大幅に遅れてしまいましたね。本当は、長男が小学校に入学する前に、マイホームを建てたかったのですけれど。しかし土地がなかったのですよね。

金に糸目をつけなければ、その当時自分たちが住んでいた地域でも土地はあることにはあったのです。しかし小さい上に高かったのです。オマケにすぐ近くにはそこそこの階数のマンションがありましたので、もしそこの土地に家を建てたら圧迫感を感じると思いました。ですから結局やめたのです。

しかし、他に土地がなくて探しようもなかったのですよね。私たちは「その当時住んでいた地域」にこだわりすぎていたのです。子供の幼稚園を転園するのがネックで、立地条件にこだわっていたからです。しかし、小学校を転向する方が子供にとってはダメージ大きいと思いましたね。

しかし時すでに遅しで、マイホームの完成は入学前には間に合いませんでしたけれど。ですから子供はマイホームのために転校することとなってしまい申し訳なく思いました。なので、「いついつまでに建てたい」という目標があるのでしたら、逆算して動きそして土地探しについては時に妥協も必要だと思います。今は家を設計するより、まず土地探しで苦戦する人が多いとも聞きますからね。

カテゴリー: マイホーム

ピアノ教室ができる一戸建てを購入

ピアノを自宅レッスンで教えているので、自宅の1階部分にピアノを置き、生徒さん方を招いてレッスンしています。なので、広島市内に新築一戸建て購入する際には、どの部分にピアノを置くか色々と検討し、和室に置くことにしました。ピアノを置いた和室は、とてもシンプルな雰囲気にして、玄関から直接和室用の扉もあるので、この物件ならピアノレッスンするのも満足できるなと思い、購入することにしました。子供達は自室で過ごすので、2階部分は子供部屋と寝室にして、1階は和室やキッチン・バスルームなど快適な環境になっています。広さも満足できますし、かなり造りもゆったりとしているので居心地よい雰囲気になっています。ピアノ教室を開いてから、けっこう通ってくるお子さんたちも多いので、駐車場の設置なども行い、自転車が置けるような広さにするなど、色々と考慮できるマイホームを購入しました。一戸建てはアレンジしやすいので、とても満足できる物件になりました。